90年代風J-POPとテクノアレンジが得意なシンガーソングライター・DTM専門家 Yuukiのブログ

【半年使った】Komplete Kontrol M32レビュー【デメリットもあり】

2020/06/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
シンガーソングライター/DTM専門家。 90年代J-POPのようなキャッチーなメロディ作りとテクノアレンジが得意。 影響を受けたアーティストはTWO-MIX。

こんにちは、Yuukiです。

 

Komplete Kontrol M32が気になるけど、レビューを知りたい。
デザインはカッコいいけど、DTM初心者でも使いこなせるのか?
利用者のレビューや、メリット、デメリットからどんな人におすすめかも知りたい。

こういった疑問に答えていきます。

 

僕のDTM歴は10年程で100曲以上作ってきましたが、これまではハードシンセをMIDIキーボードとして使ったり、デスクに置ける小型のMIDIキーボードを使ってきました。

 

少し前からMIDIキーボードの買い替えを検討していて、どの製品にしようかいろいろと迷っていました。

そこで候補だったのが「Komplete Kontrol M32」です。

 

実際に購入して半年ほど使用したので、今回は僕が実際に使ってみた感想などをシェアしたいと思います。

 

これからMIDIキーボードを買おうと思っている方や、買い替えでKomplete Kontrol M32を検討しているという方はぜひじっくりとご覧ください。

 

Komplete Kontrol M32 レビュー

IMG_7681.jpeg

Komplete Kontrolには3つのラインナップがあります。

 

・上位モデルの「Sシリーズ」

・標準モデルの「Aシリーズ」

・エントリーモデルの「M32」

 

僕がなぜ、エントリーモデルの「M32」を選んだかというと、シンプルにコンパクトなMIDIキーボードが欲しかったから。

 

半年ほど使った感想は、

とにかくコンパクトでデスクがすっきり

ミニ鍵盤だけど、タッチが素晴らしい

トランスポート部分が便利

上記の通りで、とても気に入っていて、買ってよかったと思ってます。

 

とにかくコンパクトでデスクがすっきり

僕の現在のデスク環境がこちら

上記の通りで、そんなにデスクが広くないので、これ以上大きいキーボードは必然的に置けないという状況なんですが、このサイズ感がベストマッチです。

 

MacBook Proと合わせて、かなりミニマルな環境が作れました。

 

以前から、デスク周りをすっきりさせたいと思っていたんですが、M32がそれを叶えてくれました。

 

ミニ鍵盤だけど、タッチが素晴らしい

NI社のMIDIキーボード全般に言えるんですが、他社の機種に比べると鍵盤のタッチがいいと思います。

 

僕はいちおう、楽器はキーボードが専門なので、鍵盤のタッチにはこだわる方です。

 

そんな僕ですが、M32の鍵盤のタッチには概ね満足してます。

ミニ鍵盤のわりにはタッチが素晴らしいです。

 

そこそこ重みもあるし、これだけ触ってると、ついミニ鍵盤だということを忘れてしまいそうです。

 

トランスポート部分が便利

曲の再生、停止、録音がキーボードの操作だけでできます。

多分、この部分が一番よく使っているかもしれません。

 

特に画面収録など、DAWの再生や停止がパソコンのキーボードでできない時なんかは便利です。