【作曲講座】作曲初心者が最初に覚えるべき事とは?

      2018/01/25

こんにちは、シンガーソングライターのYuukiです。

 

もしあなたが、これから作曲を始めたいと思っているなら、こんなことに悩んでいませんか?

 

・まず何から始めればいいのか分からない。

・歌うことは得意だけど、音楽理論などの知識がない。

 

僕が作曲を始めようと思った時も、まさにこういう状態でした。

 

頭の中に何となくメロディーみたいなものは浮かんでも、

それを形にする方法がわからなかったのです。

 

そんな時、たまたま手にしたキーボードの教則本にこんなことが書いてありました。

 

”すべての曲はコードからできている”

 

 

「、、、コードって何だろう?」

 

 

疑問に思った僕は、この時からコードについての勉強を始めるようになりました。

そして、作曲をする上でコードが重要だということを理解することができました。

 

今では、様々なコードを使って自分のオリジナル曲をいくつも作れるようになりました。

 

 

今回は、作曲初心者が最初に覚えるべき、「コード」について解説していきます。

 

 

コードとは?

コードとは、和音のことです。

例えば、ピアノで「ド」の音だけ弾くのは単音です。

 

「ド」「ミ」「ソ」という3つの音を同時に弾いた状態が和音です。

ちなみに、このド、ミ、ソの和音を「C」と言います。

他にも「レ、ファ、ラの和音」や「ミ、ソ、シの和音」もあります。

 

ただ、いちいちこんな呼び方では大変なので、こういった3和音のことをコードと呼んでいるのです。

 

 

メジャーコードとマイナーコード

コードには大きく分けて2種類あります。

1つはメジャーコード、もう1つはマイナーコードです。

メジャーコードは明るい雰囲気。

反対に、マイナーコードは暗い雰囲気です。

 

日頃、音楽を聴いていてこの曲は明るい雰囲気だなと思ったら、メジャーコードで始まっている可能性が高いです。

哀愁系や悲しい雰囲気の曲だとマイナーコードで始まるケースが多いです。

 

そこから、様々なコードを組み合わせることで曲の展開が成り立っています。

コードを組み合わせた一連の流れのことを「コード進行」と言います。

 

それでは、このメジャーコードとマイナーコードはどのように区別するのでしょうか?

 

 

メジャーコード

コードはアルファベットで表記します。

C   D   E    F   G   A   B

(ド  レ  ミ ファ ソ  ラ  シ)

 

という感じです。

これらはすべてメジャーコードです。

簡単な覚え方があって、メジャーコードは、❶ ❺ ❽と覚えてください。

 

例えば、Cのコードはこのようになります。

 

 

マイナーコード

先ほどのメジャーコードの後に「m(マイナー)」が付きます。

Cm Dm Em Fm Gm Am Bm

という感じです。

マイナーコードの覚え方は、❶ ❹ ❽です。

真ん中の音が半音下がります。

 

例えば、Cmの場合はこのようになります。

 

 

まとめ

ここまで解説したように、作曲をする上ではコードが重要です。

さらに、コードを組み合わせたコード進行がその曲の一連の流れを作ります。

まずは、この記事で紹介したメジャーコードとマイナーコードを覚えてみてください。

それがあなたの作曲活動の第一歩になります。

 

 

 - 作曲講座