90年代風J-POPとテクノアレンジが得意なシンガーソングライター・DTM専門家 Yuukiのブログ

【作曲初心者向け】コードの覚え方を解説。最初は2種類でOK

2020/06/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
シンガーソングライター/DTM専門家。 90年代J-POPのようなキャッチーなメロディ作りとテクノアレンジが得意。 影響を受けたアーティストはTWO-MIX。

こんにちは、シンガーソングライターのYuukiです。

作曲をするには、コードが重要とよく言われます。

 

僕も作曲を始めたばかりの頃、まず最初に覚えたのがコードでした。

 

僕が読んでいたキーボードの教則本にも、

「すべての曲はコード進行からできている」

と書かれていたくらいなので、作曲する上で重要なことは間違いありません。

 

実際今では、様々なコードを使ってオリジナル曲をいくつも作れるようになりました。

 

そこで今回は、これから作曲を始めようとしている初心者向けに、コードの覚え方について解説します。

 

 

コードとは?

コードとは、和音のことです。

例えば、ピアノで「ド」の音だけ弾くのは単音です。

 

「ド」「ミ」「ソ」という3つの音を同時に弾いた状態が和音です。

ちなみに、このド、ミ、ソの和音を「C」と言います。

他にも「レ、ファ、ラの和音」や「ミ、ソ、シの和音」もあります。

 

ただ、いちいちこんな呼び方では大変なので、こういった3和音のことをコードと呼んでいるのです。

 

 

メジャーコードとマイナーコード

コードには大きく分けて2種類あります。

まずは、この2種類を覚えておけば問題ありません。

 

1つはメジャーコード、もう1つはマイナーコードです。

メジャーコードは明るい雰囲気。

反対に、マイナーコードは暗い雰囲気です。

 

日頃、音楽を聴いていてこの曲は明るい雰囲気だなと思ったら、メジャーコードで始まっている可能性が高いです。

哀愁系や悲しい雰囲気の曲だとマイナーコードで始まるケースが多いです。

 

そこから、様々なコードを組み合わせることで曲の展開が成り立っています。

コードを組み合わせた一連の流れのことを「コード進行」と言います。

 

それでは、このメジャーコードとマイナーコードはどのように区別するのでしょうか?

 

 

メジャーコード

コードはアルファベットで表記します。

C   D   E    F   G   A   B

(ド  レ  ミ ファ ソ  ラ  シ)

 

という感じです。

これらはすべてメジャーコードです。

簡単な覚え方があって、メジャーコードは、❶ ❺ ❽と覚えてください。

 

例えば、Cのコードはこのようになります。

そのほかのコードも考え方は同じです。

例えば、コード「D」なら、「レ」から数えて先ほどの❶ ❺ ❽を当てはめればOKです。

「D」は「レ」「ファ♯」「ラ」となります。

 

マイナーコード

続いてマイナーコードです。

先ほどのメジャーコードの後に「m(マイナー)」が付きます。

Cm Dm Em Fm Gm Am Bm

という感じです。

マイナーコードの覚え方は、❶ ❹ ❽です。

真ん中の音が半音下がります。

 

例えば、Cmの場合はこのようになります。

 

 

まとめ

ここまで解説したように、コードには大きく分けて2種類あります。

1つがメジャーコード。

もう1つがマイナーコードです。

さらに、コードを組み合わせたコード進行がその曲の一連の流れを作ります。

まずは、この記事で紹介したメジャーコードとマイナーコードが曲作りの基本になります。

ぜひ覚えておいてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シンガーソングライター/DTM専門家。 90年代J-POPのようなキャッチーなメロディ作りとテクノアレンジが得意。 影響を受けたアーティストはTWO-MIX。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Yuuki Dimension Studio , 2017 All Rights Reserved.