目標があればあなたの音楽活動はもっと楽しくなる

      2018/10/15

こんにちは、シンガーソングライターのYuukiです。

あなたも音楽が好きなら、自分でも作曲や演奏といった活動しているかもしれません。

でもその音楽活動は何のためにやっているのでしょうか。

  • ただ単に興味があって始めた
  • 演奏するのが楽しいからやっている
  • モテたいからやっている

などなど、理由は人それぞれあると思います。

 

僕も音楽を始めたのは、憧れのアーティストのような曲を作りたいというのが理由でした。

特に深い理由はなく、何となく興味があって始めたというものでした。

 

ただ、続けているうちにいろいろな葛藤もありました。

ある時、自分の中で音楽がとても大きな存在になっていることに気づきました。

 

そこで、ただ漠然と曲を作るのではなく、何か目標を持って活動してみようと思ったのです。

そうすれば、音楽活動はもっと楽しくなると。

 

今回は、僕の音楽活動のターニングポイントになった話をシェアしますね。

 

 

ひたすら曲を作り続けた10年間

2010年の5月、僕はある決断をしました。

それまで特に目的意識もなく作曲活動をしていました。

自己満足で自分の聴きたい曲を作るだけになっていた僕の音楽活動。

家族や友達に曲を聴いてもらったり、作曲やアレンジ、ミックスを研究したり、自分のスキルを磨くことに関しては意識していましたが、、、

 

ただ好きだから、楽しいからという理由だけで続けていた音楽活動でした。

始めはそれでもよかったんですが、どこか悶々とした日々を過ごしていました。

 

中学3年の終わり頃から始めたので、この頃すでに作曲歴は10年。

腕試しで応募したコンテストでも、楽曲に対しての評価はそこそこのものでした。

 

しかし、ある時から、ただ漠然と続けていた音楽活動にだんだん疑問を抱くようになっていました。

「このまま自己満足の活動を続けていてもいいのか?」

「音楽は、もっといろんな人に聴いてもらってこそ意味があるんじゃないか?」

「僕の音楽活動はこのままでいいんだろうか、、、」

 

 

僕はアーティスト

高校時代から作り貯めた曲は50曲は超えていました。

アルバムにすれば5枚分(1枚10曲として)、年に1枚リリースすると考えれば、5年は出し続けることが出来る計算です。

そして、ある時思ったのです。

 

「僕はれっきとしたアーティストだ」と、、、

 

はたから見れば、

「何を大げさなこと言ってんの?」と思われるかもしれません。

 

でも、なぜかそこには根拠のない自信だけはありました。

そして、まずは、マインドセットから変えてみようと思いました。

「これは単なる遊びや趣味じゃない、自分の人生そのものなんだ」と、、、

 

だって、今まで飽きもせず、10年も続けてこれたんですから。

これから先もきっと続けていけると思ったんです。

この時、僕は新たなスタートラインに立ちました。

 

 

音楽プロジェクト「Yuuki Dimension」誕生

アーティストと言っても、「曲作りの活動」という意味ではやってることは今までと変わりませんでした。

そこで考えたのが、まずはアーティスト名です。

 

今は「Yuuki」と名乗っていますが、正式には「Yuuki Dimension(ユウキディメンション)」というアーティスト名があります。

 

Dimensionという単語は、いつか曲のタイトルで使いたいなぁと思っていたんですが、抽象的でなかなか使いづらくて、でも頭の片すみにはずっとあった言葉でした。

直訳すると…

 

ユウキ次元

 

…ナンノコッチャ?(笑)

まあ、響きが気に入ったのでこの名前でいくことにしました。

 

名前の由来は?とたまに聞かれることがあるんですが、

自分の世界(次元)を音楽で表現する、と答えています。

ですが、実はこれ、後付けです(笑)

たまたま、そういう解釈ができるなと、後から気付きました。

 

2010年5月に始動してから、最初の目標はアルバムを発表することでした。

この時、今までとは意識を変えて、自分は1人のアーティストだという意識で取り組むことにしました。

ただ作りたい曲を作るのではなく、リスナーに受け入れられる曲はどういう曲か?といった、少し視野を広げた制作を意識していました。

曲もいろいろ聞くようになりましたし、作風も段々変わっていったように思います。

作り貯めてあった数曲の中から6曲を選び、ミニアルバムというかたちで制作を進めて行きました。

そして、2010年8月…

記念すべき1st ミニアルバムが完成しました。

 

それまで、アップテンポの打ち込み系の楽曲がほとんどだったんですが、バラードやギターロックにも挑戦したバラエティに富んだ作品集となりました。

 

アルバムを発表したあとは、ホームページやブログを立ち上げたり、YouTubeへ楽曲をアップしたり、ネットでの活動が中心になっていきました。

 

そして、活動も3年を過ぎたあたりから、アルバムの制作、発表、YouTubeでの作品公開といった一連の流れができていました。

この頃から次第に楽曲への反響も増えていきました。

目標を持って活動するだけで、今までにない「やりがい」みたいなものも感じることができたのです。

 

今では、この「Yuuki Dimension」はプロジェクトという位置付けになっています。

基本は僕のソロ活動なんですが、時にはいろんなミュージシャンが集まるバンドになることもあります。

 

そして、Yuuki Dimensionという名のもとに楽曲制作を行い、Webで公開するという活動スタイルが今は定着しています。

 

 

まとめ

今回は、僕の音楽活動のターニングポイントになった出来事をお話ししました。

漠然と曲を作る活動から、自分はアーティストなんだという意識を持ち、今は目標に向かって活動しています。

あなたも音楽活動をやっている、もしくはこれから始めたいと思っているなら、ぜひ目標を持って活動をしてみてください。

その方が断然楽しいし、モチベーションも上がるのでおすすめですよ。

 

 

 

 - メンタル