【Studio Oneの使い方】ピアノロールでの打ち込み方法

      2018/10/15

こんにちは、シンガーソングライターのYuukiです。

Studio Oneで曲を作る際、必ず覚えておきたい作業があります。

 

それは、MIDIの打ち込みです。

Studio Oneに限らず、DAWでの曲作りは

MIDIの打ち込みが中心と言っても過言ではありません。

 

 

そして、MIDIの打ち込みには2つの方法があります。

1つは「ステップ入力」もう1つは「リアルタイム入力」です。

ステップ入力はマウスで1音ずつ音を入力する方法。

リアルタイム入力は実際に鍵盤を演奏しながら入力する方法です。

 

今回は、ピアノロールを使って「ステップ入力」の方法を解説します。

 

 

 

ドラムの打ち込み

ペイントツールを選択し、音を入れたい場所でクリックします。

間違えて入力したり、音を消したいときは、

その音をもう一度クリックすると消すことができます。

ちなみに、画像は1小節分で4拍で区切ってあります。

さらに、1拍は4つで区切られているので、1マスは16分音符ということになります。

 

 

 

ピアノやギターなど、コード楽器の打ち込み

基本的な方法はドラムと同じです。

唯一、ドラムと違うのはゲートタイム(音の長さ)の調整が必要だということです。

ゲートタイムは、音を短く切ったり、長く伸ばしたり、

楽器の様々な表現をする上でとても重要な要素になります。

矢印ツールを選択して、長さを調整したい音の右端を押しながらドラッグします。

この時、「スナップ」をOFFにすると調整しやすくなります。

ちなみに、shiftキーを押すことで、一時的にスナップをOFFにすることもできます。

 

 

ベロシティ

ゲートタイムと同じくらい重要なのがベロシティ(音の強弱)です。

ピアノなどの生音系やメロディを演奏する楽器では

ベロシティの調整具合で、曲の表情が全く変わってきます。

詳しくは、ベロシティEDITで知っておきたいテクニックという記事でも解説しているので、ぜひ読んでおいてください。

 

これもピアノロールの画面から調整ができます。

調整したい音を選択して、

下の棒グラフのようなバーを↑に上げると強くなり、↓に下げると弱くなります。

この時も、スナップはOFFにしたほうが調整しやすいと思います。

 

 

まとめ

ここまで、ピアノロールを使った打ち込み方法を解説してきました。

ポイントは次の3つです。

・ピアノロールで打ち込みたい場所をクリックすると音が入力される。

・打ち込んだ音を左右にドラッグするとゲートタイム(音の長さ)を変えられる。

・ベロシティ(音の強弱)はピアノロール下の棒グラフのようなバーを上下にドラッグすると変えられる。

 

ぜひあなたも、今回の記事を参考にピアノロールでの打ち込みに挑戦してみてください。

 

 

 - DTM 打ち込み, Studio One