アレンジが固まったら次は歌を録ろう!Studio Oneでのボーカルレコーディング7つのステップ

      2018/10/15

こんにちは、シンガーソングライターのYuukiです。

アレンジや打ち込みでのオケ(伴奏)作りがある程度終わったら、次は歌のレコーディングです。

歌入れは、アレンジが固まったらなるべく早い段階でやったほうがいいです。

なぜなら、歌が入った方が最終的な曲の完成系がイメージしやすいからです。

歌があるのとないのとでは、曲の雰囲気が全然違います。

 

今回は、Studio Oneでのボーカルレコーディングのやり方を解説していきます。

 

 

歌入れはコンデンサーマイクを使う

マイクには2種類あります。

1つはダイナミックマイク、もう1つがコンデンサーマイクです。

歌を録音するマイクは必ずコンデンサーマイクを使います。

理由はシンプルで、コンデンサーマイクの方が低音から高音まで自然でクリアな音で録音できるからです。それによって、EQの音作りも最小限で済みますし、オケに馴染みやすくなります。

ダイナミックマイクは、どちらかというとレコーディングではなく、ライブ向きのマイクです。

ボーカル録音に使えなくはありませんが、オケに馴染ませるにも、EQの処理がかなりシビアでテクニックが必要です。

 

 

録音レベルは適切に

さっそく録音を始めますが、1つ注意したいことがあります。

それは、録音レベル適切に合わせるということです。

小さすぎてもいけないし、大きすぎると音が割れてしまいます。

振れ幅としては、−6dBくらいが目安です。実際に音を確認しながら調節してみてください。

 

 

 

オケを歌いやすい音量に調節する

実は、マイクの振れ幅を−6dBくらいにして歌ってみると、録音レベルとしては丁度いいんですが、

声がオケに埋もれて自分の声が聞こえないという現象が起きます。

つまり、オケの音量が大きすぎるのです。

 

例えば、カラオケに行って歌う時、マイクとミュージックの音量を歌いやすいように調整すると思いますが、それと同じです。

 

マイクの音量はいじれないので、オケの音量を下げましょう。

ただ、この段階では各楽器ごとにトラックが分かれているので、1個1個下げるのは大変です。

そこで、「ソング」→「ミックスダウンをエクスポート」を選択、複数のトラックを1トラックにまとめ、MP3で書き出します。

 

保存先は任意の場所を選びます。書き出しの設定は画像の通りでOKです。

 

 

書き出したMP3ファイルをトラック画面に読み込みます。これでオケの音量のバランスを取れば、録音の準備は完了です。この時、ボーカルトラックとオケトラックをソロにしておきます。

 

 

本気を出して3回歌う

これは僕がレコーディングをやってきた中で分かったことなんですが、

それは、「たくさんテイクを録りすぎない」ということです。

 

ちなみに、僕は歌うのは3回までと決めています。多くても5回まで。

なぜかというと、歌えば歌うほど消耗していき、疲れていくからです。

つまり、疲れが声に現れて良いテイクが録れないのです。

僕の経験からいくと、もう5回以上はどれだけ録っても大して変わらないです。

納得いかないなら、それはただの練習不足であり、その歌が自分のものになっていないのです。

あきらめて、もっと練習してからレコーディングに臨むべきです。

 

そして、テイクが多すぎると、どれがベストテイクか選べなくなります。

しっかり練習して歌うのは3回までと決めておきましょう。

 

 

コンピングを使って良いとこどりをする

テイク1のワンコーラス目は良かったが、ツーコーラス目のBメロがイマイチだった。

でも、テイク2のBメロは良い感じ、、、

でしたら、その2つを合体してしまおう、というのがコンピングです。

 

各レイヤーの赤丸の部分をドラッグすると、メイントラックにペーストされます。

全部で3テイク録っているので、それぞれの良い部分だけをつなげて一本のベストテイクを作るのです。

 

 

 

ピッチ補正を使ってさらに磨きをかける

ピッチ補正とは、歌の音程が微妙に外れてしまった部分を正しい音程に修正する事です。

Studio Oneにはプラグインではなく、ピッチ補正機能として「Melodyne」が搭載されています。

これを使ってコンピンングで作ったベストテイクにピッチ補正をかけます。

 

 

まず、コンピングした波形を全て選択し、キーボードの「G」を押してイベントの結合を行います。

 

 

次にMelodyneを起動します。

歌の波形が音程になって分かれます。これを上下に動かすと音程を補正できます。

あまりやり過ぎると不自然になるので、気になる部分だけ補正するのがポイントです。

 

 

ボーカルとオケを馴染ませる

ここから先は、ミックスでの作業になります。

ボーカルとオケが簡単になじむ方法という記事で解説してるので、参考にしてみてください。

 

 

まとめ

ここまで、Studio Oneでのボーカルレコーディング7ステップをご紹介してきました。

まとめるとこのようになります。

 

1マイクはコンデンサーマイクを使う

2音量レベルは適切に

3オケを歌いやすい音量にする

4本気を出して3回歌う

5コンピングを使って良いとこどりをする

6ピッチ補正を使ってさらに磨きをかける

7ボーカルとオケを馴染ませる

 

ぜひあなたもこの手順を参考にして、ボーカルレコーディングをやってみてください。

 

 - Studio One