90年代風J-POPとテクノアレンジが得意なシンガーソングライター・DTM専門家 Yuukiのブログ

DTM機材を購入する際の優先順位とは?

2020/06/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
シンガーソングライター/DTM専門家。 90年代J-POPのようなキャッチーなメロディ作りとテクノアレンジが得意。 影響を受けたアーティストはTWO-MIX。

DTM機材を最低限そろえたけど、次に購入する機材は何がいいんだろう。

そんな機材購入の優先順位で悩んでいませんか?

 

こんにちは、Yuukiです。

 

僕も曲作りを始めてしばらく経った頃、次の機材購入の優先順位で悩んだことがありました。

 

ですが、今まで100曲以上の楽曲を作ってきた中で、ステップアップする為に必要な機材や購入の際の優先順位がわかるようになりました。

 

この記事では、僕の経験に基づく、機材購入の際の優先順位のつけ方について解説します。

 

DTM機材を購入する際の優先順位とは?

機材を購入する際の考え方としては、自分の制作環境で弱い部分を補強するというのが本質になります。

 

そこに優先順位を付けます。

 

なので、優先順位は人によって違う場合もあります。

例えば、オーディオコンポのスピーカーでミックスをしているのであれば、フラットなモニター環境が必要です。

そこで優先順位の一番としては、モニタースピーカーやヘッドホンになります。

 

DAW付属の音源がマンネリ化しているのであれば、サードパーティの音源を購入するのが第一優先になるかもしれません。

 

いずれにしても、今の制作環境を一度見つめ直して問題点を明確にする必要があります。

 

その問題点に対して優先順位を付けていくという感じです。

 

モニター環境や音源は優先順位が高い

僕の経験から言うと、実は上記の例で出したモニター環境や音源の購入は優先順位としては高いです。

 

なぜなら、モニター環境が悪ければ正しいミックスはできないし、音源がショボければインスピレーションも湧かないからです。

 

なので、DAW、MIDIキーボード、オーディオインターフェイスなど、一通りそろっているなら優先的に購入した方が良い機材です。

 

優先順位が高いもの1 音源

音源に関しては、DAW付属のものだと欲しい音が無かったり、音がショボく感じたり、作品が増えてくるにつれて不満が出てきます。

 

追加音源が欲しいということは、それだけ曲を作っているという証拠です。

 

DAWだけ買って肝心の曲作りをしてない人は、そもそも追加音源が欲しいとは思わないはずです。

なので、音への欲求があるのは良いことです。

 

新しい音源を購入

早く試したい

曲作りのモチベーション

という流れにもつながります。

 

こういう状況なら、追加音源の購入は優先順位としては高いでしょう。

 

おすすめの追加音源

いろいろな追加音源がありますが、最初に買った方がいいのがNative Instruments「KOMPLETE」です。

おすすめする理由は3つあって、

  • ほぼオールジャンルの音源を網羅している
  • コスパが良い
  • komplete kontrolソフトウェアを使えば管理が超ラク

ということ。

 

KOMPLETEはNIの総合音源パッケージです。

中身は、シンセ系、ドラム系、生音系、オーケストラ、民族楽器、マルチ音源、エフェクト、、、などあらゆるジャンルの音源を網羅しています。

これらは個別に購入もできますが、KOMPLETEのパッケージを買った方が断然お得です。

 

ここで少し僕の経験をお話しします。

僕はソフト音源を導入し始めた頃、いろいろな音源をカテゴリー毎にそろえていったんですが、今となっては最初からKOMPLETEを買っとけばよかったと思ってます。

なぜなら、そのカテゴリー毎にそろえた音源は、KOMPLETEにだいたい似たような音が入っていたからです。

 

なので、追加音源を購入するなら

まずKOMPLETEを買う。

KOMPLETEに無い音色が欲しければ、別の音源を買い足す。

この順番がいいと思います。

 

優先順位が高いもの2 モニター環境

モニター環境に関しては、モニタースピーカーやヘッドホンがあります。

この中でどちらが優先順位が高いかと言われればヘッドホンではないかと思います。

なぜなら、スピーカーはパソコン内蔵のものでも音は出せるし、もし手持ちのBluetoothスピーカーがあればそれでも代用できるからです。

 

ヘッドホンはレコーディング時にも必須ですし、ミックス時の細かい音のニュアンスを聴き取るのもやはりヘッドホンの方が有利です。

モニタースピーカーもヘッドホンも同時にそろえるのがベストですが、予算の都合があるなら優先するのはヘッドホンです。

 

おすすめのヘッドホン

おすすめのヘッドホンはズバリ、SONY「MDR-CD900ST」です。

いろいろな記事で、みなさん口をそろえて言っていますが、結論これです。

おすすめする理由3つ

  • プロのスタジオでも使われているヘッドホンだから
  • 細かい音まで聴き取れるから
  • イヤーパッドを交換して長く使えるから

 

プロの現場でも使われているので、音のクオリティは間違いないです。

音の傾向としては基本フラットで味付けは無い感じです。

ただ、どちらかといえば少しドンシャリっぽいです。

 

あと、ヘッドホンって長く使っているとイヤーパッドが徐々に劣化してきてボロボロになってきます。

ですが、900STはイヤーパッドだけ交換して使い続けることができます。

 

昔、何かの番組で歌手の松田聖子さんが900STを愛用しているのを見たんです。

長年、愛用しているとのことでイヤーパッドを交換しながら、ずっと使い続けていると言っていました。

僕も900STを10年くらい使っていますが、イヤーパッドを交換すると新品みたいになります。

なので、本当に長く愛用できるヘッドホンだと思います。

 

モニタースピーカーは部屋の広さで選ぶ

モニタースピーカーに関しては、設置する部屋の広さ次第で選ぶ商品が変わってきます。

 

選び方はシンプルで、広い部屋なら大きいスピーカー。

狭い部屋なら小さいスピーカーを選べばオッケーです。

 

もし狭い部屋に大きいスピーカーを置いても、そもそもそこまで大きい音が出せないので、そのスピーカー本来の実力を発揮できません。

 

なので、一般的な住宅の一部屋がだいたい6畳間とかが多いので、それに適した大きさのスピーカーを選ぶのがベターです。

 

6畳間に適したサイズのスピーカー3つ

  • YAMAHA MSP3
  • IKmultimedia iLoud micro monitor
  • PreSonus Eris E3.5

この辺りがおすすめです。

 

ちなみに僕は、PreSonus Eris E3.5を愛用しています。

 

優先順位は低め プラグインエフェクト

プラグインエフェクトに関しては、優先順位は低めです。

なぜなら、DTM初心者のうちは、購入しても、そもそも使いこなすことが難しいからです。

 

購入するタイミングとしては、音源やモニター環境が整ってきて、かつ曲も20~30曲作れるようになってからで十分です。

それまではDAW付属のプラグインエフェクトを使い倒しましょう。

 

もし、次のような状況になればプラグインを追加してもいい時期です。

DAW付属のコンプの効きが微妙だと感じる

ミックスのクオリティを上げたい

いろいろなサウンドアプローチを試したい

このような欲求が生まれれば、かなり曲作りにも慣れてきた証拠だと思います。

 

僕がおすすめするプラグインエフェクト3つ

  • WAVES GOLD
  • OZONE
  • Vintage Warmmer2

この辺りをそろえれば、曲作りの幅も広がると思います。

 

まとめ

今回は、DTM機材を購入する際の優先順位について解説しました。

 

もう一度まとめると、

  • 今の制作環境の問題点を明確にする
  • 音源やモニター環境は優先順位が高め
  • プラグインエフェクトはDAW付属のものを使い倒してからでOK

 

もしあなたが、次に購入する機材の優先順位で悩んでいたら、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シンガーソングライター/DTM専門家。 90年代J-POPのようなキャッチーなメロディ作りとテクノアレンジが得意。 影響を受けたアーティストはTWO-MIX。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Yuuki Dimension Studio , 2020 All Rights Reserved.